cinemagear 映像制作機材info

映像制作に必要な機材の海外レビューやニュースを随時お届けします

Sony α7S III、4K記録モードで本当に必要なSDカードの種類

かなり前に、α7S IIIを買う前に、メモリーカードを揃えましょう、という趣旨の記事を書きました。

上の記事は確かにあっているのですが、いわゆる、リアルワールド テストの結果がちらほら出てきました。

 

実際のα7S IIIが届いたユーザーからの報告で一定のコーデックと一定のフレームレートならばV90の高価なSDカードでなくても4K動画が記録できるという情報がありますので、ご紹介します。

 

冒頭に貼り付けた動画の主である、coloneshaunさんは早速届いたα7sIIIに色々なカードを挿し込んで、動画撮影テストをしながら、どのカードがどの撮影フォーマットにおいて使用可能かを細やかにテストしてくれています。

 

彼によると、

 

V30 SDXCカードを使った場合

XAVC HS 4K- H.265記録

4K 4:2:2 10ビットで24fps、30fps、60fpsまで録画可能

XAVC S 4K H.264記録

4K 4:2:2 10ビットで24fps、30fps、60fpsまで録画可能

 

 

V60 SDXCカードを使った場合

XAVC HS 4K- H.265記録

4K 4:2:2 10ビットで120fpsまで録画可能

XAVC S 4K H.264記録

4K 4:2:2 10ビットで120fpsまで録画可能

 

そう、V90のカードでなくても120fpsが撮影できてしまうのですね。

 

 

 

では、V90のカードを使った場合は何が記録できるのか?

 

4K ALL-I、10ビット 4:2:2  24fps、30fps、60fpsまで記録可能になります。

 

coloneshaunさんから一言

まず、インタビューや4K/60Pまでの映像を撮るために特別なカードを買う必要がないことを理解しよう。V60のカードが一枚あれば120fpsだって撮影できるのだ。

 

だから、みんな、リラックスだ。リラックス。 α7S IIIが届いたらまずは今まで使用してたカードを使って試運転することから始めたらどうだい?